メルセデスAMG C43改め「C53」...市販型LED初搭載プロトをキャッチ! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスAMG C43改め「C53」...市販型LED初搭載プロトをキャッチ!

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG C53プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツは現在、主力車種『Cクラス』次期型に設定される、AMG『C43』後継モデルの最新プロトタイプをカメラが捉えた。市販型の車名は「C43」改め、「C53」に変更される可能性があるという。

これまで「Spyder7」スクープ班では、エントリーレベルからトップクラスのAMGモデルまで、新設計が予定されているCクラス次期型の様々なプロトタイプを捉えている。そのラインアップ全てが新しい外観、新しいパワートレイン、新しいインテリアに刷新される。その中には、AMGモデルのミドルレンジとなるC53が含まれている。

最新のプロトタイプはカモフラージュが軽くなり、生産型ヘッドライト、三角形のシャープなLEDデイタイムランニングライト、その上部にコンパクトなフィンのようなものも確認できる。フロントマスクには、パナメリカーナグリルが装着されるはずだ。

頂点に君臨する『C63』が四角形のクワッドエキゾーストパイプを装着するのに対し、C53では丸型の排気口がみられる。また、キックアップするスポーティなキャラクターラインも初めて露出しており、開発も中盤に入っている様子が伺える。

C53およびC63次期型のパワートレインは、ともにV型エンジンと決別し、新たに2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載。9速オートマティック、全輪駆動システムと組み合わされることが予想される。より強力なパワーを得るために電気モーターを搭載、マイルドハイブリッド技術を採用することにより、最高出力は現行型C43の385psを超え、過去最高の416ps以上を発揮する可能性もありそうだ。

気になるデビュー時期は、2021年内が有力だ。

メルセデスAMG C43 後継モデルは「C53」?市販型プロトタイプをキャッチ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top