これ相当格好良いぞ...キア次世代クーペクロスオーバー開発車両をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

これ相当格好良いぞ...キア次世代クーペクロスオーバー開発車両をスクープ!

自動車 新車スクープ
起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
  • 起亜 新型 EVクーペ クロスオーバー 開発車両 スクープ写真
キアが開発を進める次世代クーペクロスオーバープロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

捉えたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、釣り上がる薄型ヘッドライトのアウトラインが見てとれる。後部にパッドがあるためディテールが不明だが、ピラーが大胆に寝かされたクーペスタイルとなる可能性が高く、2019年にジュネーブモーターショーで初公開された『イマジン・バイ・キア』や、中国国際輸入博覧会で登場した『Futuronコンセプト』の要素を合わせた近未来デザインが予想されている。

また後部にエキゾーストパイプは見当たらず、エアロスタイルのホイールを装着している点からも、エレクトリックモデルであることを証明する大きな手がかりとなっている。

コードネーム「CV」と呼ばれる、まだ名もないこの次世代EVモデルは、アーキテクチャに、「45」や「Prophecy」もサポートする「E-GMP」(Electric Global Modular Platoform)を採用。バッテリーと電気モーターに関する詳細はないが、500km(310マイル)の航続距離で20分未満の高速充電時間を提供してくれるという。

次世代EVクロスオーバーのワールドプレミアは2021年内で、キアが2022年以降に発売するいくつかのゼロエミッションカーの最初の1台となる。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top