新型ランボルギーニ ウラカンSTOスパイダーはもはや規定路線!? 予想エクステリア公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

新型ランボルギーニ ウラカンSTOスパイダーはもはや規定路線!? 予想エクステリア公開

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ ウラカン STO スパイダー 予想CG
  • ランボルギーニ ウラカン STO スパイダー 予想CG
  • ランボルギーニ ウラカン STO スパイダー 予想CG
  • ランボルギーニ ウラカン STO スパイダー 予想CG
先日ランボルギーニは、『ウラカン ペルフォマンテ』に代わるハードコアモデル、「ウラカンSTO」(Super Trofeo Omologata)を発表したばかりだが、そのオープンモデルとなる「ウラカン STO スパイダー」の発売が濃厚となっている。

ウラカンSTOは、V10エンジン搭載のウラカン後輪駆動をベースとして、トラックに焦点を当てた公道モデルだ。そのパフォーマンスは、最高出力640ps、最大トルク565Nmを発揮、また0-100km/h加速は3.0秒、0-200km/hを9.0秒で駆け抜け、最高速度は310kmと堂々たるスーパーカースペックを誇る。

ランボルギーニは、ウラカンとアヴェンタドールの歴史の中で、「ウラカン ペルフォマンテ スパイダー」、「アヴェンタドール SVJ ロードスター」など、ハードコアクーペのオープントップモデルを設定しており、ウラカン STOスパイダーも、もはや規定路線といっていいかも知れない。

予想CGを提供してくれたのは、デザイナーのAksyonov Nikita氏だ。そのエクステリアのルーフには、エアスクープが装備されており、どのうような方式でルーフが開閉されるのか不明だが、ブラックとゴールドのアクセントがオープンデザインを引き締めている。

パワートレインは、5.0リットル自然吸気V型10気筒エンジンをキャリーオーバー、加速パフォーマンスは、ほぼ同等と見られる。

ウラカン STOスパイダーが実現するなら、2021年秋頃になるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top