小さくても豪華...メルセデスベンツ新型ミニバン「Tクラス」開発車両をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

小さくても豪華...メルセデスベンツ新型ミニバン「Tクラス」開発車両をスクープ!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Tクラス プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツが現在開発中の新型コンパクトミニバン、『Tクラス』開発車両をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

メルセデスベンツは現在、2台のコンパクトバンを開発していると発表している。そのうち1台は、手頃な価格で2021年後半にデビュー予定の『シタン』で、もう1台は高価かつ豪華装備の『Tクラス』とされている。

シタンはルノー『カングー』のメルセデスベンツ版で、カングー同様に「コンパクト」、「ロング」、「エクストラロング」の3タイプが設定されるLCV(軽商用車)だ。

一方でTクラスは、そのシタンとプラットフォームを共有、シタンの商用ユースに対して、個人の顧客がメインターゲットとなる。車格としては、ミニバン『Vクラス』の下に位置付けられ、どちらのモデルもルノー日産三菱と共同開発される。


キャッチした開発車両は、カモフラージュが厳重だが、3本のバーグリル、円形のフォグランプ、ワイドなエアインテーク、C字型LEDデイタイムランニングライトを備えるスイープバックヘッドライトの一部も確認できる。

ボディサイドは曲線的なラインを特徴とし、リアドアはスライド式と思われる。またリアエンドでは垂直のLEDテールライトも見てとれるほか、LCVではあまり一般的ではないアロイホイールを装備しているのも印象的だ。

室内では、最新のインフォテイメントシステム、いくつかの安全支援システムなど最新のテクノロジーを搭載し、兄貴分であるVクラスと同等以上の品質と上質な装備が期待できるという。また新プラットフォームの採用により、Tクラスはガソリン、ディーゼルに加え、電動パワートレインを搭載することが濃厚だ。

シタンのデビューは2021年後半、よりラグジュアリーなTクラスは2022年前半に登場することが確定している。

メルセデスベンツから小さな高級ミニバン『Tクラス』登場!? ベースは人気のあのクルマ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top