これがチェコの「ティグアン」、シュコダ カロックが初の大幅改良へ...電動化は必至か | Spyder7(スパイダーセブン)

これがチェコの「ティグアン」、シュコダ カロックが初の大幅改良へ...電動化は必至か

自動車 新車スクープ
シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ カロック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
VW傘下のシュコダが販売するコンパクト・クロスオーバーSUV『カロック』初となる改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

カロックは、『イエティ』の後継モデルとして、2017年にデビュー。『コディアック』と同様にVWグループのMQBプラットフォームを採用し、『ティグアン』の兄弟モデルにあたる。

軽めのカモフラージュが施されたプロトタイプは、修正され垂直スラットを備えたグリルを装着。グラフィックがリフレッシュされるヘッドライトにはLEDマトリクスライトがオプション設定されるだろう。また露出したテールライトは現行モデルと同じだが、偽装されていることから今後再設計される可能性が高い。ただし、ワイドなLEDストリップは、採用されないと思われる。

室内では、高度なデジタルインストルメント・クラスタ、VWグループの最新インフォテイメントシステム「MIB3」の搭載が期待できそうだ。

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒TSIガソリンエンジン、1.5リットル直列4気筒TSIガソリンエンジンがキャリーオーバーされる。またVWでは、『T-ROC』にプラグインハイブリッドを検討していることから、カロックにもPHEVの設定は間違いなさそうだ。

カロック改良新型のワールドプレミアは、2021年以降と予想されている。

イエティ後継『カロック』が初の大改良へ…チェコ版ティグアンも電動化か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top