「誘惑」という名のコンセプトカーアキュラ『Allure』、ホンダインターンシップ学生が提案! | Spyder7(スパイダーセブン)

「誘惑」という名のコンセプトカーアキュラ『Allure』、ホンダインターンシップ学生が提案!

自動車 新車スクープ
ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
  • ホンダ Allure CG
交通デザインの学生であるSungNak Lee氏は、2019年のホンダインターンシップで完了したデザインプロジェクトをリリースした。

「誘惑」「魅惑」「魅力」を意味する「Allure」(アリュール)と名付けられたコンセプトカーは、2人乗りから1人乗りに変更可能な自動運転GTスポーツカーだ。

そのエクステリアのフロントエンドには、大口のエアインテーク、アキュラのロゴを装備、かなり上部LEDヘッドライトがインサートされている。ルーフ前部はガラス、後部はカーボンファイバーで覆われている。足元にはロゴ入りの巨大エアロホイール、リアエンドには煌々と光るLEDテールライトバーが装備されている。

自動運転モデルのため、極限にシンプルにされたキャビン内は、砂時計のようなデザインを採用し、背もたれの高いシートが特徴となっている。「デュアル・イクスピアリエンス」と言われるレイアウトのシートは、中央で分割されており、どちらかの外側部分が前方にスライドし、中央に配置されたシングルシートに変更、運転が可能となる。

一学生の提案が実現する道のりは遠いが、車メーカーの未来を支えるデザインのルーツを楽しむことができるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top