今度はスーパーオープンだ!キャディラックXLR、コルベットC8のクローンとして復活の噂 | Spyder7(スパイダーセブン)

今度はスーパーオープンだ!キャディラックXLR、コルベットC8のクローンとして復活の噂

自動車 新車スクープ
キャディラック XLR 次期型 予想CG
  • キャディラック XLR 次期型 予想CG
  • キャディラック XLR 次期型 予想CG
  • キャディラック XLR 次期型 予想CG
  • キャディラック XLR 次期型 予想CG
  • キャディラック XLR 次期型 予想CG
GMブランドのキャディラックは、かつて販売されていたクーペカブリオレ、『XLR』を復活させる計画があることがわかった。

XLRは、1999年に発表された「エボーク」コンセプトの市販型として、2003年デトロイトモーターショーで発表、コルベット「C6」をベースとするハードトップコンバーチブルだが、2009年に生産が終了している。

CGアーティストのOscar Vargas氏に協力を得たXLR新型予想CGは、キャディラックの最新フロントエンドデザインとミッドエンジンのコルベットの低くて、サメの鼻のようなスタイルが融合。またY字型ヘッドライトは、エレガントなフロントバンパーの輪郭にうまくはまり、コンパクトなコーナーエアインテークを装備しているほか、極端に小さなリアクォーターウィンドウも特徴的だ。

コルベットC8をベースとするXLR新型のパワートレインは、2020コルベットの6.2リットルV型8気筒エンジンを流用、最高出力は495ps、最大トルク638Nmが見込めるだろう。これは当時のXLRの320psをはるかに凌ぐ数値であるばかりか、ハイパフォーマンスモデル「XLR-V」の最高出力440ps、最大トルク576Nmさえ凌駕する。

XLR次期型の開発が順調に進めば、ワールドプレミアは2023年以降に期待出来るはずだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top