日産の2021年は熱い...「パスファインダー」&「フロンティア」次期型、2月4日デビューへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

日産の2021年は熱い...「パスファインダー」&「フロンティア」次期型、2月4日デビューへ!

自動車 新車スクープ
パスファインダー フロンティア ティザーイメージ
  • パスファインダー フロンティア ティザーイメージ
  • パスファインダー ティザーイメージ
  • フロンティア ティザーイメージ
日産は現在、2つの新型モデルに関してティザーサイトをオープンしている。それらを具体的に特定していないが、次世代のクロスオーバー「パスファインダー」とピックアップ「フロンティア」であることは間違いなさそうだ。

パスファインダーは、1986年から販売されているクロスオーバーSUVで、4代目となる現行型は2012年に登場、今回は8年ぶりのフルモデルチェンジとなる。一方フロンティアは1997年に初代が誕生したグローバルピックアップトラックだ。現行型は2015年に発売されており、5年という短いタームで世代交代となる。

公開されたティザーイメージから、パスファインダーにはヘッドライト上部にシャープな一文字のLEDデイタイムランニングライト、フロンティアにはコの字型LEDデイタイムランニングライトが確認できる。

パスファインダー内部には、大型のインフォテインメントディスプレイ、センターコンソールにはシフトバイワイヤーギアシフト、電子パーキングブレーキが装備される。プラットフォームは「アルティマ」「マキシマ」と共有し、パワートレインは2.0リットル直列4気筒可変圧縮ターボチャージャーエンジンを搭載、既存のCVTから9速オートマチックギアボックスへ置き換えられる可能性もある。

フロンティアのキャビン内には、刷新されたインフォテインメントシステムを搭載、四輪駆動システムコントローラーはセンタースタックにあり、2WD、4WD Hi、及び4WDLowが設定される。

パワートレインは、3.8リットルV型6気筒エンジンを搭載、最高出力310ps、最大トルク381Nmを発揮し、9速ATと組み合わされる。

2台の新型モデルのワールドプレミアは2月4日に確定、「キックス e-POWER」、「マグナイト」などSUV新車ラッシュが止まらない日産の勢いは当分続きそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top