BMW 元祖FF、2シリーズAT次期型をキャッチ...新LEDやワイドグリルなど変更点が鮮明に! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 元祖FF、2シリーズAT次期型をキャッチ...新LEDやワイドグリルなど変更点が鮮明に!

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMWのコンパクトミニバン『2シリーズ アクティブツアラー』次期型の最新プロトタイプを、鮮明にカメラが捉えた。

初代2シリーズ アクティブツアラーは、BMWブランド初のFF(前輪駆動)モデルとして2014年に登場した5ドアミニバン。FFの特性を生かした広い居住空間が特徴だ。発売から6年超が経過し、いよいよ第2世代へバトンタッチされる。

鮮明に捉えた最新プロトタイプは、デュアルプロジェクターレンズのセットアップと、新設計されたスタイリッシュなLEDデイタイムランニングライトを備えるなど、すべて生産コンポーネントを装着しているようだ。サイドミラーがAピラーからドアへ移動されていることも確認できる。

またグリルは『M3セダン』や『M4クーペ』のような特大グリルとまではいかないが、ワイドなデザインが採用されている模様だ。リアエンドはダミーカバーでおおわれているが、その奥にはやはり生産型のL字テールライトが装着されている。


次期型では「UKL」プラットフォームの最新バージョンを採用、ホイールベースが若干延長され、居住空間がさらに向上すると思われる。これは3列7人乗りの「2シリーズ グランツアラー」が廃止されることに対応するためだろう。またガソリン、ディーゼル、及びプラグインハイブリッドに対応し、クロスオーバールックになるとも噂されている。

室内では、『iX』でもみられたスイッチ形状のギアシフター、最新のインフォテイメントシステム、湾曲したダッシュボードを搭載。ヒーター/エアコンなどはディスプレイでの操作によって制御される。

パワートレインは、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150ps及び190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンをラインアップ。さらに最高出力302psを発揮する「M235i xDrive」は、ゲトラグ製8速DCTトランスミッションと組み合わされる。

一方で、最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジン搭載の「216d」は廃止される可能性があるという。

2シリーズ アクティブツアラー次期型のデビューは、2021年前半、オンラインワールドプレミアが濃厚だ。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型、最新プロトから見えた新LEDとワイドグリル

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top