今度はキャンバストップ装着...トヨタアイゴ次世代型、最終デザインが早くも露出 | Spyder7(スパイダーセブン)

今度はキャンバストップ装着...トヨタアイゴ次世代型、最終デザインが早くも露出

自動車 新車スクープ
トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
トヨタが欧州で販売するコンパクトカー『アイゴ』の次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて鮮明に捉えた。

アイゴは2005年、「TPCA」(Toyota Peugeot Citroen Automobile)により発売されたAセグメント・ハッチバックで、プジョー『107』、及びシトロエン『C1』とは兄弟車の関係だ。現行型は2014年から販売されており、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

厳冬の北ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、以前のテスト車両と異なり市販型ボディパネルに最終コンポーネントを装備している。注目は、現行型にも設定されたキャンバストップだ。おそらく、ボタン一つでオープンコックピットを提供するオプションとなることが予想される。

またフロントエンドには、コの字型LEDターンシグナルを備える新しいヘッドライト、上下二分割され現行型よりすっきりとしたグリルが確認できる。フロントエンドが長く見えるほか、ルーフがアーチ型に設計されていることがわかる。リアエンドでは、テールゲートに隣接する垂直LEDテールライトを装着。バンパーのリフレクターは横型から縦型に変更され、さらに位置も上部へ移動されていることがわかる。

現行型パワートレインは、1.0リットル直列3気筒自然吸気エンジンを搭載しているが、次世代型ではガソリンエンジンに加え、新たにハイブリッド、EVの設定も噂されている。

アイゴ次期型のワールドプレミアは2022年初頭と予想。チェコの工場で生産予定だ。

トヨタ アイゴ 次期型、キャンバストップも露出!最終デザインがお目見え

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top