この迫力...メルセデス渾身のオフロード『G500/G550 4x4スクエアード』、後継モデルはAMGブランドで発売か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

この迫力...メルセデス渾身のオフロード『G500/G550 4x4スクエアード』、後継モデルはAMGブランドで発売か!?

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4×4スクエアード 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
究極のオフロード性能を持つ『Gクラス』といえる、『G500/G550 4×4スクエアード』後継モデルの最新プロトタイプをカメラが捉えた。

前世代のメルセデスベンツGクラスをベースに誕生した4×4スクエアードは、ポータルアスクルと22インチの巨大なホイール、リフトアップした車高を備えていた。また地上高は224mm高い460mm、11.7インチワイドにすることにより圧巻のスタイリングと悪路走破性、さらに高速安定性を合わせ持っていた。

豪雪の北ヨーロッパで捉えたホワイト/ブラック2台の最新プロトタイプは、Gクラス新型に設定されるテスト車両で、巨大ホイールを収めるための非常にワイドなホイールアーチ、乗車をサポートするサイドステップを装備しているほか、リアエンドにスペアタイヤ、クロスドリルを備えるブレーキディスクが確認できる。


ルーフラックの前部はカモフラージュされているが、おそらくいくつかのLEDライトバーを隠している可能性が高い。ルーフラックは以前捉えたプロトタイプには装備されていなかったことを考慮すると、オプション設定となることが予想される。

パワートレインの確定情報はないが、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、レンジトップの最高出力は585ps、最大トルク849Nmと強力なパフォーマンスが予想される。

価格は第1世代の3510万円(日本での販売価格)を大きく超え、4000万円クラスになるとも伝えられるが、注目は通常のメルセデスベンツバージョンとなるか、強力なAMGバージョンとなるかだ。Spyder7スクープ班では、AMGと予想している。

G550 4×4スクエアード後継モデルのデビューは最速で2021年後半以降、遅れれば2022年前半とみている。

『Gクラス 4×4スクエアード』後継モデルはAMGブランドに!? メルセデス渾身のオフローダー

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top