フルチェンレベルにデザイン変更!3代目ポルシェ カイエン、初の改良新型プロトタイプを激写 | Spyder7(スパイダーセブン)

フルチェンレベルにデザイン変更!3代目ポルシェ カイエン、初の改良新型プロトタイプを激写

自動車 新車スクープ
ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。内外装を大きく刷新し、フルモデルチェンジ並みの進化を果たす。

「新しい形のスポーツカー」として2002年に初代が発売されたカイエンは、またたく間に世界で人気に。現在のクロスオーバーSUVブームの礎となった。現行型は2018年に登場した3代目で、これが初の大幅改良となる。

キャッチした市販型プロトタイプは、新設計されたスリムなヘッドライトを隠すための現行型を装うペイントが見られる。ボンネットフードのキャラクターラインは、より強く主張しているようだ。また近年のトレンドであるフロントグリルの大型化など、フロントとリアのデザインを集中的に刷新し、よりアグレッシブなスタイルが予想される。


リアエンドでは、テールライトにプレースホルダー(仮のコンポーネント)ランプを装着。その大部分はゲートではなくリアクォーターパネルにあるように見える。またナンバープレートがテールゲートから下部のバンパーへ移動することによりスペースを確保し、最近人気の背面全体に大胆な文字を刻印できるようになった。

キャビン内では、センターコンソールをアップデートするほか、タッチスクリーンを大型化し、ギアシフターが『911』新型と同様のシェーバーデザインに変更されることが予想される。

カイエン改良新型のデビューだが、まだプレースホルダーコンポーネントを装着している段階であることから、2022年内となることが予想される。

フルモデルチェンジ並み!? ポルシェ カイエン 現行初の大改良、登場時期は

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top