VWとパートナーシップ初のモデル...フォード『トランジット』次世代型テストミュールを初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

VWとパートナーシップ初のモデル...フォード『トランジット』次世代型テストミュールを初スクープ!

自動車 新車スクープ
フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード トランジット 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
2020年6月、フォードとVWは両社の提携を正式に締結したが、その最初の成果となるであろうフォード『トランジット/トルネオ』次期型のプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

この提携により、VW次世代EV用プラットフォーム「MEB」がフォードへ供給されるほか、VWはフォードのピックアップトラック『レンジャー』をベースとする『アマロック』を発売する。

今回捉えたトランジットは、1965年から55年以上にわたり欧州で販売されているパネルバン/ミニバス/ピックアップトラックだ。


キャリアカーで輸送中のプロトタイプは、開発終盤とみられる兄弟モデルVW「T7」と対照的に初期段階である。現行型のテストミュールのためディテールは不明だが、注目は6つのラグナットだ。現行型トランジットカスタムも、より大型のトランジットも5つのラグナットのため、ボディが大型化されることが予想される。

また、ボディに複数の白い点がみられるが、おそらくフロントフェンダー、ボンネット、バンパーに取り付けれれたダミーパネルを保持するためのリベットだろう。フロントエンドは現行型に非常に似ているが、ヘッドライトがわずかにスリムになっている様子が伺える。ボディサイズは、ホイールハウスに広いスペースがあることからホイールベースが延長されると予想される。

トランジット次世代型のワールドプレミアは、2022年以降となるだろう。

VW&フォード、提携後初の成果がコレだ!『トランジット』次期型をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top