EV航続100km...メルセデスAMG、新たな高性能PHEVセダン「S63e」登場へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

EV航続100km...メルセデスAMG、新たな高性能PHEVセダン「S63e」登場へ!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ スクープ写真
メルセデスベンツ『Sクラス』に設定されるハードコアモデル、「AMG S」ファミリーに新たな電動モデルが登場することがわかった。

その名は『S63e』だ。「S580e」が3.0リットル直列6気筒ガソリンエンジンと電気モーターにより最高出力517psを発揮するハイブリッドであるのに対し、「S63e」では、4.0リットルV型8気筒エンジンに加え、リヤに電気モーターを組み合わせることにより最高出力は700psに達する。またEV航続は最大62マイル(100km)を可能にする。

厳冬の北ヨーロッパ山中で捉えた最新プロトタイプは、パナメリカーナグリルを隠すお得意のダミーグリルを装着、左のリアフェンダーには充電口らしきものも確認できる。またリアエンドには、クワッドエキゾーストパイプがインストールされたディフューザー、足回りには巨大ブレーキ、5本スポークのAMGホイールが見てとれる。

車内には、AMGステアリングホイールとオプションのカーボンファイバートリムが期待できるほか、12.3インチのデジタルインストルメントクラスタや12.8インチのOLEDインフォテイメントシステムも搭載される。

AMG S63eのワールドプレミアは、今年後半と予想され、その後最高出力800psを発揮するハイエンドモデル『S73e』の登場も期待されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top