レクサスNXを追撃...ジェネシスの電動SUV「eGV70」市販型プロトタイプを初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサスNXを追撃...ジェネシスの電動SUV「eGV70」市販型プロトタイプを初スクープ!

自動車 新車スクープ
ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス eGV70 市販型プロトタイプ スクープ写真
ヒュンダイから独立した高級ブランド、「ジェネシス」の新型クロスオーバーSUV、『GV70』に設定される電動モデル「eGV70」市販型プロトタイプを初めてカメラが捉えた。

レクサスを標的に立ち上げられたジェネシスの中で、GV70は「NX」を標的として開発されたモデルだが、電動化によりさらに性能を高める。

ドイツ・リュッセルスハイムのヒュンダイテストセンター付近で捉えたプロトタイプは、フロントに重いカモフラージュを配置、センターにカメラのような小さな穴があり、閉じたグリルを隠しているようだ。また足回りには5本スポークのホイールにミシュランタイヤを履いている。

ダブルヘッドライトはベースモデルから引き継がれているようだが、サイドエアインテークは小さい新しいバンパーデザインが確認できる。リアエンドでは、エキゾーストシステムが見えず、フルEVなのかPHEVなのか区別はできないが、フロントフェンダーに小さなボックスが追加されており、充電口が配置されると思われる。

EVパワーユニットの詳細も不明だが、EVの場合は1回の充電で500km以上の後続が見込まれている。

eGV70のワールドプレミアは、2021年内と思われる。ジェネシスではすでに「eG70」、「eG80」、「eG90」の商標を申請しており、今後電動化が加速するだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top