BMW2シリーズクーペ次期型、345馬力の新モデル『M245i』が初の寒冷地テスト参上! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW2シリーズクーペ次期型、345馬力の新モデル『M245i』が初の寒冷地テスト参上!

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ「M245i」プロトタイプ(スクープ写真)
BMWは現在、2ドアコンパクトFRの『2シリーズクーペ』次期型を開発しているが、その高性能モデルのプロトタイプが初の寒冷地テストに出現した。最新情報によると、従来の高性能モデル「M240i」が、次期型では「M245i」と名乗る可能性があるという。

昨年12月に捉えたプロトタイプと異なり、厚みのあるサイドスカート、大径ホイール、シルバーのミラーキャップ、控えめなリップスポイラー、そして角張ったデュアルエキゾーストパイプなどの存在が確認できる。同年9月にニュルブルクリンクで撮影された「Mパフォーマンス」によく似ている。またフロントフェンダーに装着されたのオレンジ色マーカーから米国仕様であることが推察できる。

次期型では「CLAR」プラットフォームを採用。後部ドアのある他のすべての2シリーズファミリーのように前輪駆動(FF)に移行するのではなく、後輪駆動(FR)レイアウトにこだわり続ける可能性が高い。


キャビン内では、デジタルインストルメントパネルを含むダッシュボード全体を4ドアの『2シリーズ グランクーペ』と共有し、最新のインフォテインメントシステムが搭載されるだろう。

予想されるパワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンのほか、最高出力258psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをラインアップする。さらに高性能モデル「M245i」は、最高出力345psを発揮する3.0リットル直列6気筒が搭載されることが濃厚だ。

新型コロナウィルスのパンデミックにより、2シリーズクーペ次期型のデビューは遅れており、2021年内の登場となりそうだ。

BMW 2シリーズクーペ 次期型、345馬力・直6モデルの車名は「M245i」に!?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top