レトロなVWバスの再来...EVミニバン「I.D.BUZZ」市販化へついに動いた! | Spyder7(スパイダーセブン)

レトロなVWバスの再来...EVミニバン「I.D.BUZZ」市販化へついに動いた!

自動車 新車スクープ
VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW I.D. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
VWが開発を進める次世代EVミニバン、『I.D.BUZZ』の開発車両(テストミュール)をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。EV版ワーゲンバスとして話題になったモデルがついに登場する?

I.D.BUZZは、2017年のデトロイトモーターショーで初公開されたフルエレクトリックのミニバンだ。そのルックスは、Tシリーズの前身である『タイプ2』(通称ワーゲンバス)の再来とよばれる、レトロチックなデザインが特徴となっている。同年8月のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、I.D.BUZZの市販化を名言しており、その動向が注目されていた。

現在VWはマルチバン『T6』後継モデルとなる『T7』を開発しており、そのプロトタイプは度々目撃されているが、今回捉えた車両は全く別のモデル。どちらも現行モデルのT6をベースとしているため一見同じに見えるが、T7プロトタイプと比較すると、ヘッドライトやグリル、エアインテークなどのフロントエンドをはじめ、ホイールやテールライトも全く別モノ。全長は短く、張り出したフェンダーを装備し、ワイドなボディとなっていることが確認できる。


最大の注目はテールゲートに貼られた「Elektrofahrzeug」のステッカーだ。これはドイツ語で電気自動車を意味する単語で、フルエレクトリックモデルであることがわかる。つまりこれがI.D.BUZZのプロトタイプというわけだ。

EVパワーユニットは、48kWh~111kWhのバッテリーを搭載し、550km(342マイル)の航続を実現する。また150kWのモーターを積み、最大374psを発揮、0-100km/h加速は5秒、最高速度160km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを持っている。さらに市販型では、ルーフに最大15kmを延長できるソーラーパネルを装備するほか、4WDバージョンも噂されている。

I.D.BUZZ市販型のワールドプレミアは最速で2022年、その後はカーゴバージョンの「I.D. Cargo」が発売予定となっている。

EV版ワーゲンバス、ついに市販化へ!? 「I.D.BUZZ」プロトタイプをスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top