BMW次期7シリーズ全ラインアップを発表...EVモデルの頂点には650馬力の「i7M60」 | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW次期7シリーズ全ラインアップを発表...EVモデルの頂点には650馬力の「i7M60」

自動車 新車スクープ
BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ/i7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ『Sクラス』新型を追撃すべく、BMWは現在フラッグシップセダン『7シリーズ』、および新シリーズとなるEVモデルの『i7』を同時開発している。その両モデルの開発車両をカメラが捉えた。

ミュンヘンのダウンタウンで捉えたナンバー「2707」の7シリーズ次期型プロトタイプは、控えめなトランクリッドスポイラーを装着しているほか、クワッドエキゾーストシステムをインストールしており、内燃機関を搭載したハイエンド仕様のようだ。


一方でバイエルの田舎道で捉えた「2487」のプレートを付けるプロトタイプは、エキゾーストパイプが見当たらず、フルEVとなる「i7」の可能性が高い。両モデルともヘッドライトやテールライトは暫定的なもので、市販型ではより洗練されたクラスタに置き換えられる。

またライトの位置がかなり低いため、上下二分割されたスプリットデザインが噂されている。リアエンドでは、LEDテールライトが、流行りのストリップライトになると思われる。

BMW i7 プロトタイプ(スクープ写真)
どちらの車両にもグリル部分にセンサーを搭載。噂によると次期型のトップレンジでは、ロールスロイスに似た自動開閉ドアと、「高速道路アシスタント」と呼ばれるより高度な自動運転システムを搭載する予定だという。

さらに今回、ラインアップ情報も独占入手。7シリーズは「735d」、「740i」、「745e」、そして「M750e」。新シリーズのi7ファミリーは「i740i」、「i750i」、そして頂点には最高出力650psとも噂される「i7 M60」が設定されるようだ。

i7 M60では少なくとも2つの電気モーターを搭載、1回の充電による後続は400マイル(644km)を超えると思われる。またRWDのi735dとi740を除いてファミリーすべてのモデルは全輪駆動「xDrive」を搭載する。

7シリーズ新型とi7はほぼ同時に公開が期待されており、最速で2021年内、遅くとも2022年初めにはワールドプレミアが予想される。

BMW 7シリーズ 次期型ラインアップ情報を独占入手!「i7」の頂点には「M60」

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top