3月23日登場...ベントレー新型パフォーマンス『コンチネンタルGTスピード』、670馬力へ進化! | Spyder7(スパイダーセブン)

3月23日登場...ベントレー新型パフォーマンス『コンチネンタルGTスピード』、670馬力へ進化!

自動車 ニューモデル
ベントレー コンチネンタル GT スピード 新型 ティザーイメージ
  • ベントレー コンチネンタル GT スピード 新型 ティザーイメージ
  • ベントレー コンチネンタル GT スピード 新型 ティザーイメージ
  • ベントレー コンチネンタル GT スピード 先代モデル
ベントレーは、「コンチネンタルGT」にハイパフォーマンスモデルとなる「コンチネンタルGT スピード」を設定することを発表、そのティザーイメージを初公開した。

初代コンチネンタルGTは、「コンチネンタルR」後継モデルとして2003年にデビュー、クーペの「GT」を筆頭にオープンモデルの「GTC」(現在はコンバーチブル)、そして高性能「GT/GTCスピード」、頂点に「スーパースポーツ」が設定されていた。

3代目となる現行型は2017年に発売、翌2018年に「GTコンバーチブル」、さらに2019年には「GT V8」、「GT V8コンバーチブル」が設定されており、これがGTファミリー第4弾となる。

同社では、ティザーイメージとともに「並外れた旅のための高度な新しいシャーシテクノロジー」があるとともに、「快適さや豪華さを損なうことはありません」と発表している。暗闇に浮かぶプロトタイプは、ダークガンメタルグレーでラッピングされ、ベースモデルと異なるフロントエンドとより目立つサイドシルを装備している。

ベースモデルのパワートレインは、6.0リットルビターボW12型エンジンを搭載、最高出力626ps、最大トルク897Nmを発揮するが、「GTスピード」では同エンジンをブーストアップし、最高出力670psまで高められると噂されている。前世代GTスピードの最高出力が633psだったことを考えると大幅なパフォーマンス向上が期待できそうだ。

コンチネンタルGTスピードの販売価格は20万USドル(約2千180万円)を大きく超えてくると予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top