三菱、ルノーからOEM供給...新型クーペSUVは独自デザイン採用へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

三菱、ルノーからOEM供給...新型クーペSUVは独自デザイン採用へ!

自動車 新車スクープ
三菱 OEM 予想CG
  • 三菱 OEM 予想CG
  • 三菱 OEM 予想CG
  • 三菱 OEM 予想CG
  • 三菱 OEM 予想CG
  • 三菱 OEM 予想CG
三菱は、仏ルノーからOEM供給を受け、2つの姉妹モデルを販売する計画を発表している。その2台のデザインを大予想した。

この2台に関して詳細は明らかにされていないが、ルノーのプラットフォームと技術を共有、「三菱ブランドのDNAを反映した差別化」を特徴とするようだ。

予想CGを提供してくれたのは「KDesign AG」社だ。有力な1台と思われるルノー『アルカナ』をベースとしている。

2018年に全車ハイブリッドモデルとして初公開されたアルカナの車名は「秘密」を起源とする「ARCANUM」から与えられている。スポーティなクーペルーフ、高い位置に設定されたショルダーラインなどを特徴としているが、これに三菱の最新「ダイナミックシールド」を採用、『アウトランダー』新型のようなスリムでシャープなヘッドライトを装備している。

もう1台は2015年から販売されている、コンパクトクロスオーバーSUV『カジャー』をベースに制作されている。カジャーは欧州Cセグメントに属し、『キャプチャー』と『コレオス』の間を埋めるモデルだ。こちらもダイナミックシールドが取り込まれ、三菱モデルとしてまったく違和感のないエクステリアだ。

現時点で、どのモデルが三菱のニーズに適合されるかについて公式発表はなく、『メガーヌ』のプラットフォームに基づいて『ランサー』が復活する可能性があるという噂もある。しかし、コスト削減、利益向上を目的とするOEMであるため、やはりクロスオーバーSUVが有力であることは間違いないだろう。

いずれにしても、今後数ヶ月以内ですべてが判明すると思われる。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top