出るぞ!0-100km/h加速3.0秒の超高速オープン、マクラーレン『アルトゥーラ スパイダー』デザイン大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

出るぞ!0-100km/h加速3.0秒の超高速オープン、マクラーレン『アルトゥーラ スパイダー』デザイン大予想

自動車 新車スクープ
マクラーレン アルトゥーラ スパイダー 予想CG
  • マクラーレン アルトゥーラ スパイダー 予想CG
  • マクラーレン アルトゥーラ スパイダー 予想CG
  • マクラーレン アルトゥーラ スパイダー 予想CG
マクラーレンは、新型ハイブリッド・スーパーカー『アルトゥーラ』を2月に発表したばかりだが、その派生オープンモデルとなる『アルトゥーラ スパイダー』が設定される可能性が高いことがわかった。

アルトゥーラは、「570S」に代わる全く新しいプラグインハイブリッドモデルだ。その心臓部には3.0リットルV型6気筒エンジンとEモーター、高エネルギー密度バッテリーを搭載、最高出力は680ps、最大トルク720Nmを発揮する。また最軽量状況下では1395kgという「MCLA」(マクラーレン・カーボン・ライトウェイト)ボディにより、0-100km/h加速3.0秒の爆発力を秘めている。

デザイナーのAkysyonov Nikita氏が提供してくれた予想CGは、レッドブレーキキャリパー、フロントフェンダーベント、そしてドアハンドルにはスポーティな赤いアクセントを装備、ベリーズブルーカラーで仕上げられている。

通常、オープントップバージョンでは、ルーフを失う分、剛性の低下を補うためにシャーシの補強が必要になるため、簡単な話ではない。しかしアルトゥーラは新しいカーボンファイバータブをベースにしており、軽量であるだけでなく構造剛性も向上しているため、オープンバージョンの開発はそれほど時間を要しないはずだ。

オープンループの仕様は現段階で不明だが、「720S スパイダー」同様カーボンファイバー製「RHT」(リトラクタブルタードトップ)を採用、開閉機構は油圧式ではなく、電動式ルーフとなり、ワンタッチで透明度の切り替えが可能な「エレクトロクロミック」ガラスがオプション設定される可能性があるだろう。

順調に開発が進めば、アルトゥーラ スパイダーのワールドプレミアは2022年春ごろで、価格はベースモデルを上回る4千万円程度が予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top