次世代MINIはちょっとミニ...BMW風ワイドスクリーン搭載、フルEV開発車両をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

次世代MINIはちょっとミニ...BMW風ワイドスクリーン搭載、フルEV開発車両をスクープ!

自動車 新車スクープ
MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 次世代型 プロトタイプ(スクープ写真)
MINIは、2023年にMINIファミリーの次世代モデル群を順次登場させることを発表しているが、その開発車両をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

MINIは、EVの『クーパーSE』改良新型を発表したばかりだが、すでに次世代型の開発に着手している。キャッチしたプロトタイプは初期段階であり、ヘッドライト、テールライトをはじめフードスクープやサイドスカート、ボディパネルなどダミーコンポーネントで武装されている。


エクステリアデザインのヒントは、リヤエンドに丸みを帯びたアプローチが採用されていることと、ボディサイズがわずかにコンパクトになっている点だろう。またドアに「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られていることからEVモデルであることがわかる。

キャビン内は、ダッシュボードの上部に大きく湾曲したBMW風のワイドスクリーンが確認できる。こちらも最終コンポーネントではないとみられるが、次世代型では大きな変更がもたらされる可能性が高い。

次世代型では、一気にEVへシフトチェンジするわけではなく、ICE(内燃機関)モデルやハイブリッドバージョンなども設定され2023年にデビュー予定だ。最後の内燃機関MINIは2025年に発売され、2030年にはエレクトリックブランドに完全に切り替わる。

次世代MINIは“ちょっとミニ”になる? BMW風ワイドスクリーンの開発車両をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top