マツダ2次期型、「SKYACTIV-X」1.5直列3気筒バージョン搭載か...今秋デビューへ!デザイン大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダ2次期型、「SKYACTIV-X」1.5直列3気筒バージョン搭載か...今秋デビューへ!デザイン大予想

自動車 新車スクープ
マツダ2 次期型 予想CG
  • マツダ2 次期型 予想CG
  • マツダ2 次期型 予想CG
  • マツダ2
  • マツダ2
  • SKYACTIV-Xバッジ
  • マツダ3などに搭載されている2リットル4気筒「SKYACTIV-X」
マツダの欧州Bセグメント・グローバルモデル『マツダ2』次期型に関する最新情報を、スクープサイト「Spyder7」が入手した。最新の「SKYACTIV-X」エンジンを搭載するという次期型の姿に迫る。

次期型では、居住スペースを広げるためホイールベースが延長される。3ナンバー化の噂もあったが、今回は5ナンバーサイズにとどまりそうだ。

エクステリアでは、最新世代の「魂動」デザインを採用する。Aピラーを前面に出し、かつ傾斜させたワンモーション型シルエットのデザインが有力だ。Cピラーはコの字型デザインになり視認性もアップする。

マツダ2 次期型 予想CG
フロントグリルは、メッキの縁取りがヘッドライトを貫くシャープで特徴的なものとなりそうだ。アンダー部分の開口部は水平基調で、ワイド感が強調されると予想する。

パワートレインの注目は1.5リットル直列3気筒バージョンの「SKYACTIV-X」の設定だ。SKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術を世界に知らしめた画期的エンジンで、現在は2.0リットル直列4気筒を展開している。開発が噂されている直列3気筒バージョンは、マイルドハイブリッドと組み合わされるだろう。

マツダ2次期型のワールドプレミアは、2021年10月頃と予想される。

マツダ2 次期型は今秋登場!? 1.5L・3気筒「SKYACTIV-X」搭載か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top