ハンガリーから「世界最高の才能と最新のテクノロジー」を融合した「Hyper-GT」が登場へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ハンガリーから「世界最高の才能と最新のテクノロジー」を融合した「Hyper-GT」が登場へ!

自動車 新車スクープ
Kincsem Hyper-GT ティザーイメージ
  • Kincsem Hyper-GT ティザーイメージ
  • Kincsem Hyper-GT ティザーイメージ
ハンガリーのEVスタートアップカンパニー「Kincsem」は、次世代EVハイパーカー「Hyper-GT」を開発していることを発表、そのティザーイメージを初公開した。

Kincsemという名称は、54戦54勝というハンガリーの歴史的競走馬から起源しており、Tibor Back氏により設立された新しいデジタルラグジュアリーブランドで、「世界最高の才能と最新のテクノロジーを融合させて美しくデザインされた高性能製品を開発する」ことを目指しているメーカーだ。

同モデルは、スコットランド出身の世界的デザイナーIan Callum(イアン・カラム)氏に設計を以来し開発が進められているという。Ian Callum氏は「フォード」、「TWR」、「ジャガー」のデザインディレクターを歴任、2019年には世界カー・オブ・ザ・イヤー三冠を目指しデザイン会社を独立している。

前出のTibor Back氏は、「デジタルテクノロジーに対する我々の先駆的なアプローチにより、お客様はこれまで不可能だった新しいレベルのダイナミックなパーソナライズを体験できます」と語っている。

パワートレインは、F1技術を導入したハイブリッドユニットを採用、4つの電気モーターを搭載する可能性があるといい、最高出力は不明ながらレンジエクステンダーV10エンジンが予想されている。またシャーシは英国のブランドにより設計され、かつてイアン・カラム氏が監修をつとめたジャガー「C-X75」とシアズやレイアウトが似ていると伝えられている。

Kincsem Hyper-GTの正式デビューは2021年内と予想されており、同じドライブトレインを共有する高性能クロスオーバーSUVも開発しているという。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top