ニュルを20秒短縮した韋駄天ワゴン... VWゴルフRエステート新型、アトランティックブルーが出現! | Spyder7(スパイダーセブン)

ニュルを20秒短縮した韋駄天ワゴン... VWゴルフRエステート新型、アトランティックブルーが出現!

自動車 新車スクープ
VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフRヴァリアント 新型プロトタイプ(スクープ写真)
VWは昨年11月、『ゴルフ』の頂点に君臨するハードコアモデルの新型『ゴルフR』をワールドプレミアしたが、その派生ワゴンとなる『ゴルフR ヴァリアント』のプロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルブルクリンク付近でキャッチした最新プロトタイプは、おなじみのVW「アトランティックブルーメタリック」で塗装、「R」バッジをテープで隠すのみのフルヌード状態だ。


ベースモデルと差別化されるブルーブレーキキャリパー、巨大なクロスドリルブレーキディスク、スポーツバンパー、サイドスカート、アルミ製ミラーキャップを装備。足回りには大径ホイールに扁平率の低いロープロファイルタイヤが装着されている。

リヤエンドには、オプションのアクラポビッチ排気システムを備えるクワッドエキゾーストパイプがインサートされている。キャビン内には、フルロールケージとレカロのフロントバケットシートも確認できた。

予想される新型のパワートレインは、ハッチバックと共有する最高出力315ps、最大トルク420Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒TSIターボチャージャーエンジンだ。7速デュアルクラッチトランスミッションと全輪駆動「4モーション」システムを組み合わせる。

そのパフォーマンスは0-100km/h加速4.6秒、最高速度250km/hを実現。さらにオプションの「R-Performance Package」をセレクトすることで270km/hまで引き上げられる。出力の向上はわずかだが、ニュルブルクリンクで20秒近くラップタイムを短縮しており、総合的パフォーマンスは大幅にアップする。

新型ゴルフRヴァリアントのデビューは今夏以降と予想される。

ニュルで20秒短縮、VWの韋駄天ワゴン『ゴルフRヴァリアント』デビュー近づく

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top