ブームの兆し!? 謎のハイライディング・セダンの正体はフィアット新型モデルか! | Spyder7(スパイダーセブン)

ブームの兆し!? 謎のハイライディング・セダンの正体はフィアット新型モデルか!

自動車 新車スクープ
フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
  • フィアットのハイライディング・セダン開発車両(スクープ写真)
スウェーデン北部の氷上で謎のプロトタイプを発見した。現段階での手がかりは特徴あるカモフラージュのみだ。

このプロトタイプはボディをリフトアップしているが、大掛かりなパネルを考慮するとハイライディング・セダンの可能性が高い。サイドミラーさえ隠す徹底ぶりだが、黒いメッシュグリルや大径ホイールを装備しているほか、スィープバックしたフロントウィンドウ、傾斜したDピラーなどが確認できる。とはいえモデルを特定するのは困難だ。

ただし、黒いパネルを利用したカモフラージュはフィアット特有のもの。最近でも『500L』や『500 EV』で見られていることなどから、これがフィアットの開発車両であることは間違いない。


同ブランド伝統モデルである『ティーポ』の派生クロスオーバーの可能性がありそうだ。ティーポの登場は古く、1988年に発売。その後1994年に「ブラーボ/ブラーバ」にバトンタッチする形で翌1995年に生産終了となるも、2015年に復活。2020年には改良新型を発売したばかりだが、さらなるテコ入れがなされることになる。

ティーポの派生クロスオーバーだとすれば、搭載されるパワートレインは1.0リットル直列3気筒エンジンで、最高出力は100psが予想される。

ハイライディング・セダンは、これまでメジャーとはいえないセグメントだが、ベントレーが初のフルエレクトリックモデルに設定すると噂されているほか、クーペながらポルシェもハイライディング『911』を開発しており、ブームの兆しを見せている。今後はハイライディングに注目か?

“ハイライディング・セダン”にブームの兆し!? 謎のプロトタイプの正体は

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top