アウディRS3スポーツバック&セダン次期型、市販型リアビュー初公開!450馬力の最強モデルも登場 | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディRS3スポーツバック&セダン次期型、市販型リアビュー初公開!450馬力の最強モデルも登場

自動車 新車スクープ
アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
アウディが現在開発を進めるハードコアハッチバック、『RS3スポーツバック』および『RS3セダン』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ドイツ・ニュルブルクリンク付近でキャッチしたプロトタイプは、スポーツバックとセダンの2台。ともに前後にカモフラージュが残されているが、ボディの多くは露出している状態だ。


フロントエンドには、シャープになったヘッドライト、ワイドなハニカムメッシュグリル、大型のコーナーエアインテークが装着されている。大きなサイドスカート、フロントフェンダー後部にスリットが追加されていることも確認できる。

リアエンドでは、『S3』にあるエアベントが削除されてるほか、新型A3シリーズにならったグラフィックを持つLEDデイタイムランニングライトが確認できる。そして最終パーツと見られるキャノンサイズの円形デュアルエキゾーストシステムとバンパーが初めて装着されている。またスポーツバックにはS3と同様のルーフスポイラーがみられるが、これは今後変更される可能性もありそうだ。


パワートレインはアウディ自慢の2.5リットル直列5気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力は420ps、最大トルクは500Nmを発揮する。噂の「パフォーマンスエディション」では、最大450psまで高められる可能性がありそうだ。7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされ、VW『ゴルフR』と同じハルデックスベースの全輪駆動システムを搭載する。

RS3スポーツバック、およびセダン新型のデビューは2021年秋以降に予定されている。

アウディ RS3スポーツバック&セダン 次期型、リアビュー見えた!450馬力の最強モデルも

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top