国産コンパクト&SUVの「限界領域」とは!? その性能を知る | Spyder7(スパイダーセブン)

国産コンパクト&SUVの「限界領域」とは!? その性能を知る

自動車 スポーツ・エンタメ
日産ノートe-POWER
  • 日産ノートe-POWER
  • 日産エルグランド・オーテック
  • ホンダ・フリードModulo X
  • 『CARトップ』5月号
『CARトップ』5月号
発行:交通タイムス社
定価:450円(本体409円+税)

『CARトップ』5月号巻頭特集は、同誌の看板企画、「筑波アタック」。公道では試せない限界領域での性能を知ることで、その車の真の実力が明らかになるという。登場するのは日産『ノートe-POWER』、トヨタ『GRヤリスRS』、ホンダ『N-ONE RS』、マツダ『MX-30 EV』、トヨタ『ヤリスクロス』だ。

ドリキンの次期マイカー選びも筑波決戦で、サーキットでチェックしたのは日産『エルグランド・オーテック』とトヨタ『モデリスタ・アルファード』の2台、ワークスミニバンだ。さらに筑波では中谷明彦がメルセデスAMG『A35』シリーズに乗っている。

中谷と土屋の2人が対談するテーマは「Modulo X」。こちらは「生きた道」がクルマを鍛える、ということで、ホンダ『フリード』と『ステップワゴン』を首都高速でテストしている。

気になる見出し……●筑波アタック2021 注目の国産コンパクト&SUV●50歳のプレゼント NISSAN GT-R50 by ITALDESIGN 海外試乗記●メルセデスAMG A35シリーズ 筑波ガチバトル●中谷明彦×土屋圭市 Modulo X 試乗対談●ドリキン土屋圭市 次期マイカー選び●“女子レーサー”猪爪杏奈 リア充への道●「レプリカ」で楽しむ夢CARライフ●納期遅延車購入の落とし穴●[特別付録小冊子]よろしくメカドック S660 Modulo X Version Z『CARトップ』5月号

国産コンパクト&SUVの「限界領域」…そこが実力?

《高木啓@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top