これはエグい!「ベントレー史上最大のリアウィング」装備完了..パイクスピークで記録更新へ | Spyder7(スパイダーセブン)

これはエグい!「ベントレー史上最大のリアウィング」装備完了..パイクスピークで記録更新へ

自動車 ニューモデル
ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
  • ベントレー コンチネンタル GT3 パイクスピーク
ベントレーは4月6日、『コンチネンタルGT3』でパイクスピーク国際ヒルクライム2021に出場すること発表していたが、その参戦モデルとなる『コンチネンタルGT3 パイクスピーク』を初公開した。

公開されたモデルは、ド派手なブラックとゴールドでラッピング。リアウィンドウの代わりに冷却エアスクープを採用し、エアロダイナミクスを向上させているほか、「ベントレー史上最大のリアウィング」を装備している。短いサイドエキゾーストパイプは、ハードコアレースカーに期待される劇的なサウンドを生み、リアディフューザーをはじめ、カーボンファイバーコンポーネントを多数使用した軽量のハイパーレーサーに仕上げられている。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、エンジンに多くの変更を加えることで、海抜4,298m(14,100フィート)までの走行が可能になる。

同ブランドでは現在、燃料のさまざまなブレンドをテストしているといい、バイオ燃料ベースのガソリンで走ることになりそうだ。これは、標準的な化石燃料に比べ、温室効果ガス(GHG)を最大85%削減できるとみているが、バイオ燃料と電子燃料の分野における、より大きなプログラムの最初の一歩に過ぎないという。

パイクスピークでは、2019年にも「コンチネンタルGT」で参戦、国際ヒルクライムの市販車部門で10分18秒488の新記録を打ち立てており、今年は自己記録を更新する予定だ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top