ついに禁断の4ドアサルーン計画か...マクラーレン新型GT「44」を大予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

ついに禁断の4ドアサルーン計画か...マクラーレン新型GT「44」を大予想!

自動車 新車スクープ
マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
  • マクラーレン 44 予想CG
マクラーレンが計画を検討していると思われる、新型4ドアGTを大予想した。

現在、アストンマーティンが『DBX』、ランボルギーニが『ウルス』を導入、フェラーリでさえ、「プロサングエ」プロジェクトを進行しているにも関わらず、マクラーレンはクロスオーバーSUVを断固として拒否している。

しかしここにきて、4ドアGTを計画している可能性があるという。4ドアGTと言えば、アストンマーティンが2010年から販売する『ラピード』、2015年に限定販売された『ラゴンダタラフ』などが存在しており、マクラーレンが快適性を重視した4ドアGTを開発することは不自然ではない。

デザイナーのアンドレー・スレミン氏が協力してくれた予想CGは、「44」と命名。マクラーレンのスタイリングDNAを継承しつつ、4人を収容するのに十分な広さを備えている。

フロントエンドは流れるようカーブと、黒いサラウンドを持つスリムなヘッドライトユニットを装備。ユニットには前輪から空気を排出するのに役立つ開口部が確認できる。サイドビューでは、流れるようなボディワークと、ハンドルレスのドアが見てとれる。

またルーフはガラス仕様で、リアエンドには筋肉質のフェンダー、スポーティなディフューザーが装備されている。

制作したスレミン氏は、「マクラーレンのデザイン哲学に従い制作、車内で4人を圧迫することなく、アグレッシブさも融合するという課題の下、簡単なものではなかった」と語っている。

まさにそのとおり、考え抜かれたCGは、デザイン案の一つと思えるほど、自然で違和感のない秀作といえるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top