アウディ最後のW12搭載モデルに贈る... A8 LWB改良新型に伝説の高級ブランド「ホルヒ」の名称 | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ最後のW12搭載モデルに贈る... A8 LWB改良新型に伝説の高級ブランド「ホルヒ」の名称

自動車 新車スクープ
アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A8 ホルヒ プロトタイプ(スクープ写真)
アウディは現在フラッグシップ・4ドアセダン『A8』改良新型を開発しているが、そのロングバージョンとなる『A8 LWB』のプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

捉えたプロトタイプは、後部ドアがストレッチされていることから、これがただのA8ではなくロングバージョンであることがわかる。フロントエンドには、その幅全体を覆うような水平基調のバーが消えたフロントグリルが確認できる。

複数の垂直スラットが黒で仕上げられた複雑なパターンになっているが、生産型では、クロム、またはメタリックに仕上げられることも予想される。またコーナーエアインテークにシルバートリムを装備、ベースモデルと差別化が図られている。

注目はCピラーの基部にある小さなカモフラージュだ。ここには「ホルヒ」を示す「H」バッジが隠されていると思われる。ホルヒは、アウグスト・ホルヒ氏により1899年に設立された戦前の超高級車ブランドで、アウディの起源ともされている。最後にこの名が使用されたのは1932年で、復活すれば90年振りとなる。


このホルヒの名が最上級モデルに冠される可能性が高いという。その室内にはプレミアムレザー、ウッドトリムを追加、フルレングスのセンターコンソール、ヒーター、換気、フットレスト、マッサージ機能を備えた2つの個別のリアシートなど、A8以上の豪華装備が期待できる。

パワートレインは、ベントレー『フライングスパー』から流用される6リットルW型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は635ps、最大トルク900Nmを発揮するだろう。W12エンジンを搭載する最後のアウディとも噂されている。また4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力459ps、最大トルク600Nmを発揮する廉価バージョンも用意される可能性あるようだ。

A8ホルヒのデビューは、A8およびS8改良新型と同時期の2021年後半と予想。メルセデスの最高峰「マイバッハ」のライバルとして市場で争うことになる。

超ロングなアウディ A8 開発車両、その正体は噂の最上級モデル「ホルヒ」か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top