こんな快適でいいの!? VWマルチバン「T7」新型、シフトバイワイヤー技術採用でどうなる | Spyder7(スパイダーセブン)

こんな快適でいいの!? VWマルチバン「T7」新型、シフトバイワイヤー技術採用でどうなる

自動車 新車スクープ
VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • VW T7 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • VW T7 市販型プロトタイプ スクープ写真
VWが開発を進めるマルチバン、『T7』のフロントエンドや車内スケッチなど、新たなティザーイメージが公開された。

Tシリーズは、「欧州のハイエース」的存在であり、現行型「T6」は2019年に「T6.1」へ改良、いよいよ次世代型「T7」へバトンタッチされる。現在ティザーイメージや、最新情報を絶えずリリースし、ティザーキャンペーンが展開されている。

最新の情報では、キャビン内を紹介している。その車内には後部ルームに最大5つの可動式、及び取り外し可能なシートを収容する。また2番目の列は最大180度回転し、3番目の列と対面することができるという。

注目は、ギアチェンジなどの操作を機械的なものから電子的なものへ置き換える「シフトバイワイヤー」技術の採用だ。小さなスイッチはステアリングホイールの右側に配置され、低速での操作を容易にする鳥瞰図を備えた10インチのインフォテインメントシステムと同じレベルにある。T7では、デュアルクラッチDSGギアボックスと、オートまたはボタンを押すだけで作動する電子ハンドブレーキのみ提供されることになる。

往来のギアレバーがないということは、フロントの2つのシート間に空きスペースがあることを意味する。つまり、フロントの乗員は停車中にすばやく後部へ移動、子供と接したり、クールボックスからドリンクを取り出すなどの動作が可能となる。またコックピット内を移動する必要がない場合、多機能テーブルを後部から座席間のコンソールとして使用もできる。

T7マルチバン市販型では、VWのMQBプラットフォームを採用、これによりガソリンやディーゼルユニットはもちろん、プラグインハイブリッドなどさまざまなパワートレインと互換性をもつことになる。PHEVには『ゴルフGTE』から技術を流用した、直列4気筒ガソリンエンジンと小型のモーターが組み合わされると予想されている。

ワールドプレミアは、2021年後半に予定されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top