ポルシェ911GT3 RS新型、ニュルで巨大ウィング最終テスト!60馬力以上向上 | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ911GT3 RS新型、ニュルで巨大ウィング最終テスト!60馬力以上向上

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェの代名詞である『911』は、992世代に刷新してからも「タルガ」、「ターボ」、「GT3」などラインアップを拡大し続けている。「オールラウンドモデル」の登場もささやかれる中、頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル『911 GT3 RS』新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

約半年振りに聖地ニュルに帰ってきたプロトタイプは、巨大なリアウィングを装着。トラックに焦点を合わせたモデルが、そのダウンフォースをテストするには最適の場所といえるだろう。

ボディの大部分がまだクラッディングで隠されているが、ボンネットには先代同様に大きなNACAダクトを隠すカモフラージュを装備。まるでレース専用車のようにも見える武装だが、フロントガラスの下隅にナンバープレートとドイツの排出ガスステッカーが貼られていることから「911 GT3 カップ」の可能性は排除していいいだろう。


トラックに焦点をあわせた市販型では、より大きなブレーキとより剛性が高く軽量なシャーシも備えている可能性がある。フロントフェンダーは大幅に更新されており、おそらくリフトを減らすことでエアロダイナミクスを改善していると思われる。

パワートレインは、4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載、最大9000rpmで、最高出力は573ps以上を発揮するとみられている。これは先代の513psから60ps以上のパワーアップとなる。0-100km/h加速は3.0秒以下となる可能性もありそうだ。

911 GT3 RS新型のワールドプレミアは2021年内とも伝えられていたが、2022年初頭あたりに遅れそうだという。

ポルシェ 911 GT3 RS が60ps超のパワーアップ!? ニュルで最終テスト

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top