三菱ランエボ「トミマキネン」、オークション最高新記録の1520万円で落札! | Spyder7(スパイダーセブン)

三菱ランエボ「トミマキネン」、オークション最高新記録の1520万円で落札!

自動車 ビジネス
三菱自動車の英国部門は5月4日、保有する旧車を含めた15台のオンラインオークションにおいて、『ランサーエボリューション』の「トミマキネン・エディション」が、同車のオークション世界新記録となる10万0100ポンド(約1520万円)で落札された、と発表した。

15台の中には、英国で最も早く登録された三菱車として、『コルトランサー』と『コルトギャラン』が含まれていた。1980年代と1990年代のフラッグシップスポーツカー、『スタリオンターボ』と『3000GT』(日本名:『GTO』)も出品された。三菱自動車の象徴的なSUVとして、初代『ジープ』と2代目『ショーグン』(日本名:『パジェロ』)もリストアップされていた。

また、英国でのラリー活動の功績を示す車両として、『ギャランGTi』のラリーレプリカ、『ギャランVR4』でのRACラリーの勝利を記念して1980年代後半に製作されたプロモーション車両などもラインナップされていた。

さらに、三菱自動車の代表的なパフォーマンスカーとして、3台のランサーエボリューションも出品された。3台は走行距離が短く、グッドコンディションで維持されていた。中でも、トミマキネン・エディションがオークションのハイライトとなり、10万0100ポンド(約1520万円)の高値で落札された。

この金額は、ランサーエボリューションのオークションとしては、2007年に米国で落札された1台が記録したおよそ9万9000ポンド(米ドルを英ポンドに換算)を上回るもの。三菱自動車の英国部門は、ランサーエボリューションのオークションの落札額の世界新記録、としている。

三菱ランエボ「トミマキネン」、10万0100ポンドで落札…世界新記録

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top