ポルシェ718ボクスターEVコンセプト、間もなく公開へ!次世代プラットフォーム採用 | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ718ボクスターEVコンセプト、間もなく公開へ!次世代プラットフォーム採用

自動車 新車スクープ
ポルシェ 718ボクスター 25イヤーエディション
  • ポルシェ 718ボクスター 25イヤーエディション
  • ポルシェ 718ボクスター 25イヤーエディション
  • ポルシェ 718ボクスター 25イヤーエディション
  • ポルシェ 718ボクスター 25イヤーエディション
  • ポルシェ 718ボクスター 25イヤーエディション
ポルシェのエントリーオープン、『ボクスター』のフルエレクトリックが登場すると、これまで噂されていたが、いよいよ現実となる可能性が高まっている。

情報によると、現在開発中のボクスターEVは、「タイカン」が「ミッションE」コンセプトとして初公開されたと同様の道をたどりデビューするといい、同時に生産型も開発が進行していると見られている。

注目は、このゼロエミッションスポーツカーがクロスオーバーSUV「マカン」
EVバリアントを支える「PPE」プラットフォームではなく、全く新しく開発されたアーキテクチャに基づいている可能性があるという点だろう。

また、タイカンはゼロから開発された真新しいモデルだったが、ボクスターEVはマカンEV同様に既存のモデルのエレクトリックバージョンとして登場すると予想されている。さらに、市販型では、やはりマカン同様に内燃機関モデルとEVバージョンが併売されることが有力視されている。

ボクスターEVコンセプトは、今後数週間から数ヶ月以内にデジタルワールドプレミアされると予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top