VW次世代マルチバン『T7』、6月デビュー決定!MQBプラットフォームでよりスマートな機能 | Spyder7(スパイダーセブン)

VW次世代マルチバン『T7』、6月デビュー決定!MQBプラットフォームでよりスマートな機能

自動車 ニューモデル
VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • VW T7 ティザーイメージ
  • VW T7 ティザーイメージ
VWは現在開発中の次世代マルチバン、『T7』市販型の最新ティザーイメージを公開、2021年6月中旬に初公開されることがわかった。

Tシリーズは、「欧州のハイエース」的存在であり、1950年に初代から継承されている伝統的マルチバンだ。現行型「T6」は2019年に「T6.1」へ改良、いよいよ次世代型「T7」へバトンタッチされる。現在ティザーイメージや、最新情報を絶えずリリースし、ティザーキャンペーンが展開されており、ついにそのフォルムも見せている。

次世代T7では、これまでのいくつかのモデルに触発された高度なデザインを備えている。たとえば、ボディを横切って走る水平のキャラクターラインは「T3」、フロントガラスの下のボンネットは「T4」を思い出させる。

市販型では、VWグループの「MQB」プラットフォームを採用、「ゴルフMk8」などVWの新しいモデルに似たフロントエンドを特徴としているMQBにより、ガソリンやディーゼルユニットはもちろん、プラグインハイブリッドなどさまざまなパワートレインと互換性をもつことになる。PHEVには『ゴルフGTE』から技術を流用した、直列4気筒ガソリンエンジンと小型のモーターが組み合わされると予想されている。

注目は、ギアチェンジなどの操作を機械的なものから電子的なものへ置き換える「シフトバイワイヤー」技術の採用だ。小さなスイッチはステアリングホイールの右側に配置され、低速での操作を容易にする鳥瞰図を備えた10インチのインフォテインメントシステムと同じレベルにある。T7では、デュアルクラッチDSGギアボックスと、オートまたはボタンを押すだけで作動する電子ハンドブレーキのみ提供されることになる。

往来のギアレバーがないということは、フロントの2つのシート間に空きスペースがあることを意味する。つまり、フロントの乗員は停車中にすばやく後部へ移動、子供と接したり、クールボックスからドリンクを取り出すなどの動作が可能となる。またコックピット内を移動する必要がない場合、多機能テーブルを後部から座席間のコンソールとして使用もできる。

VWバスの歴史を継承する新型マルチバン「T7」公開まで、いよいよ1ヶ月に迫った。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top