【動画】アイスバーンを駆け上る力強い加速!ランボルギーニ ウルス「EVO」市販型プロトタイプをスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

【動画】アイスバーンを駆け上る力強い加速!ランボルギーニ ウルス「EVO」市販型プロトタイプをスクープ

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
  • ランボルギーニ ウルス EVO プロトタイプ スクープ
ランボルギーニのベストセラーとなったクロスオーバーSUV『ウルス』改良新型となる「ウルス EVO」市販型プロトタイプをビデオが捉えた。

現行型ウルスは2018年に発売、ポルシェ『カイエン』、ベントレー『ベンテイガ』、アウディ『Q8』などVWグループのSUVと基盤を共有する兄弟モデルで、これが初の大幅改良となる。

北スウェーデンで捉えたプロトタイプはバンパー、グリルや給気口に水平基調のバーが追加されるなどフロントエンドのデザインが新設計される。またランボルギーニを象徴するY字LEDデイタイムランニングライトの変更も予想されている。リアエンドではクワッドエキゾーストパイプを斜めに装着し、LEDテールライトがカモフラージュされているが、リアバンパーと合わせて今後調整されるはずだ。

わずか14秒の動画では、テールスライドしながらアイスバーンを力強く加速し登っていくプロトタイプの姿を確認できる。

現行型のパワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は641ps、最大トルク848Nmを発揮し、8速ATギアボックスと組み合わされる。また最高速度は305km、0-100km/h加速3.6秒のパフォーマンスを持つが、改良新型では、馬力、トルクがわずかに増加しパフォーマンスが向上する可能性があるだろう。

さらに、遅れてPHEVバージョンの追加も期待されている。おそらくポルシェ『カイエン ターボS Eハイブリッド』からシステムを流用、最高出力は680psに達するはずだ。

ウルス初の改良新型のデビューは、2022年内と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top