ナンバー上部にエアインテーク追加...ポルシェ パナメーラ、謎のプロトタイプを発見! | Spyder7(スパイダーセブン)

ナンバー上部にエアインテーク追加...ポルシェ パナメーラ、謎のプロトタイプを発見!

自動車 新車スクープ
ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 謎のプロトタイプ(スクープ写真)
謎のポルシェ『パナメーラ』プロトタイプ車両を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ポルシェのツッフェンハウゼン本社付近で捉えたこの車両は、フロントナンバープレート上部にワイドなエアインテークが新たに追加されている。コンパクトになったコーナーエアインテークの内部には、薄い新LEDデイタイムランニングライトバーを備えているが、改良新型で導入された丸いフォグランプは削除されている。


後部にはほとんど変化が見られないが唯一、クワッドエキゾーストパイプが、左右に1本ずつの角張ったパイプへと変更されている。また、わずかながら写ったダッシュボードは布で覆われており、コックピットとインテリアが刷新されている可能性もありそうだ。

第2世代となる現行型パナメーラは2016年にデビュー、2020年8月には改良新型を発表し、最高出力630ps、最大トルク820Nmを発揮する「ターボS」を導入した。さらに同年10月にはハイエンドモデル「ターボS E-Hybrid」を投入。最高出力は700psを発揮し、同モデル最強のバリエーションとなっている。

現段階でこのプロトタイプの正体は不明だが、昨年登場した改良新型の新しいバージョン、あるいは2度目の改良モデル、さらには次世代型の初期テスト車両などが予想される。

ナンバー上部にインテーク?「顔が違う」ポルシェ パナメーラ 謎のプロト車両の正体は

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top