これがキング・オブ・レンジ...メルセデス マイバッハ V12「S680」デビュー! | Spyder7(スパイダーセブン)

これがキング・オブ・レンジ...メルセデス マイバッハ V12「S680」デビュー!

自動車 ニューモデル
メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
  • メルセデス マイバッハ S680 4MTAIC
メルセデスベンツは、最高級ブランド「マイバッハ」の頂点に設定されるV12気筒エンジン搭載、「マイバッハ S680 4MATIC」を初公開した。

ベースモデルは最高出力502ps、最大トルク700Nmを発揮するV8エンジンを搭載するのに対し、S680 では、最高出力630ps、最大トルク1,001Nmを発揮する6.0リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載、9速オートマチックトランスミッションと標準の全輪駆動システムに接続されており、0-96km/h加速は4.4秒のパフォーマンスを持つ。

エクステリアの変更はわずかだが、「V12」バッジ、修正されたフロントバンパーが装備される。

室内では、ナッパレザーがヘッドライナー、ダッシュボード、ウィンドウフレーム、ピラーなど事実上すべてをカバーしているほか、「designo」ウッドトリム、ダイヤモンドキルティング、コントララストパイピング、マイバッハ専用ペダル、専用の香りを搭載。

さらには、12.3インチのデジタルインストルメントクラスタ、12.8インチのインフォテイメントシステム、暖房、換気マッサージ機能を備えるフロントシート、アクティブマルチコンターリアシート、64色アンビエント照明システム、リアには「Burmester」4Dサラウンドシステムと2つの11.6インチディスプレイとタブレットを備えるMBUX後部シートエンターテインメントシステムを装備、冷蔵コンパートメントをオプション設定することも可能だ。

S680 4MATICは、2022年前半に米国の販売に到着、価格は164,565.10ユーロ(約2,200万円)から設定される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top