【動画】ハマーEV、ハードテストの聖地「ユタ州モアブ」でオフロードテスト開始! | Spyder7(スパイダーセブン)

【動画】ハマーEV、ハードテストの聖地「ユタ州モアブ」でオフロードテスト開始!

自動車 ニューモデル
GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
  • GMC ハマーEV
GMが展開するGMCブランドは新生『ハマーEV』を4月に発表したが、新たにオフロードテストを開始したことを発表した。

ハマーEVは、内燃機SUV「ハマー」後継モデルとして約10年ぶりにEVとして復活したピックアップトラックだ。ピックアップとして、これまでの常識を覆す3モーターを搭載、最大1,000hpというハイスペックを誇る。

プロトタイプがテストを行っているのは、ユタ州モアブだ。ここではジープがハードなオフロードテストを行うために何年も訪れているほか、フォードはブロンコやブロンコスポーツでその頑丈さを証明するために、2020年にテストを行っているオフロードハードテストの聖地だ。

ハマーEVは、電気ピックアップがオフロードで走行する補助をする多くの技術が投入されている。例えば、地形モードでは2つのレベルのブレーキが提供される。ノーマル設定と、アクセルを使用して1ペダルで運転、クロールを用意にする設定だ。 ワンペダルドライビングは、アクセルペダル全体で回生ブレーキ、摩擦ブレーキ、駆動モータートルクを最適化することにより、優れたコントロール感を提供する。

さらにアクティブエアサスペンションでは、車高を最大5.8インチ(147mm)リフトアップ、高低差のある岩場や川の走行を手助けしてくれる。

ハマーEVエディション1は、今秋112,595USドル(約1,200万円)で発売、ホワイトボディの外装とルナホライゾングレーの内装があしらわれており、スーパークルーズの先進運転支援システムやアンダーボディアーマー、ロックスライダー、35インチタイヤを含むエクストリームオフロードパッケージなどの機能が満載だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top