もはや加速制限も必要!? テスラ ロードスター新型、「スペースX」技術で0-96km/h加速1.1秒 | Spyder7(スパイダーセブン)

もはや加速制限も必要!? テスラ ロードスター新型、「スペースX」技術で0-96km/h加速1.1秒

自動車 テクノロジー
テスラ ロードスター 新型
  • テスラ ロードスター 新型
  • テスラ ロードスター 新型
  • テスラ ロードスター 新型
  • テスラ ロードスター 新型
  • テスラ ロードスター 新型
  • テスラ ロードスター 新型
米テスラは、2ドアスポーツ『ロードスター』にオプションパッケージ「スペースXロケットスラスター」を設定することがわかった。

ロードスターは初代が2008年から発売されている2シーターオープンのEVモデルだ。初代ではロータス「エリーゼ」をベースにしていたが、第2世代ではゼロから開発されているほか、シートレイアウトが2シーターから4シーターへ実用性が高められている。

スペックは0-100km/h加速が2.1秒、0-400km/h加速は8.8秒、最高速度は400km/h以上で、1回の充電で1,000kmの後続を実現するという。そして今回、イーロン・マスク氏がCEOを務める宇宙開発ベンチャー企業「スペースX」から、小型ロケットシステムを搭載する「スペースXロケットスラスター」を設定することを発表、0-96km/h加速は1.1秒という異次元のパフォーマンスを達成するという。

現在世界では制限速度が積極的に下げられている。英国では、高速道路を112km/hから96km/hへ低速制限し、スペインでは、2車線の都市道路で50km/hから30km/hへ下げられているほか、現在他国でもそれに追随する動きがみられている。

このまま加速性能が急激に進化すれば、いずれ加速制限が行われる時代が来るかもしれない。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top