25年ぶり「ラガー」復活!?、ダイハツ新型軽オフローダー、お先に4ドアでジムニーに対抗 | Spyder7(スパイダーセブン)

25年ぶり「ラガー」復活!?、ダイハツ新型軽オフローダー、お先に4ドアでジムニーに対抗

自動車 新車スクープ
ダイハツの新型軽オフローダー「ラガー」新型(予想CG)
  • ダイハツの新型軽オフローダー「ラガー」新型(予想CG)
  • ダイハツの新型軽オフローダー「ラガー」新型(予想CG)
  • ダイハツ・タフト(参考画像)
  • ダイハツ・ロッキー(参考画像)
ダイハツが開発を進めていると噂されている、新型軽オフローダーに関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。そのエクステリアを大予想する。

ダイハツは2019年に、コンパクト・クロスオーバーSUVとして『ロッキー』を復活。2020年にはロッキーの前身である『タフト』の名も復活させており、続く復活シリーズとして『ラガー』の再登場に注目が集まっている。

初代ラガーは、1984年にタフトのフルモデルチェンジを期に名称を変更、ラダーフレームを採用する本格オフローダーとして誕生した。当時パワートレインは、2.8リットル直列4気筒ディーゼルエンジンのみが設定され、トランスミッションも5速MTのみであった。


ジムニーに刺激を受けたダイハツが本格派の軽オフローダーを開発しているという情報は昨年からあったが、新たに市販型では「ラガー」の名称も有力候補になっているほか、「DNGA」(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用、パワートレインは660ccの直列3気筒NAエンジンを搭載するということがわかった。

またデザイン・パッケージングに関する情報では、ライバルのジムニーが現在開発中とみられる4ドアスタイルを先行して採用する。タフトよりもクロカン風にアレンジされそうだ。予想CGでは後部ドアノブが隠れるタイプとし、2ドアのようなタイトなスタイルを演出。タイヤハウス周りも軽自動車ながらワイド感溢れるデザインとした。赤×白のボディカラーは、リアデッキスタイルの往年のラガー&タフトをイメージした。

フロントグリルはシンプルなデザインだが、あえてダイハツの文字のみを配し、ハードなイメージを強調する。アンダー部分はハードな路面でも対応できるよう、分厚いガードを装着し力強さと走破性の高さを強調してみた。

ダイハツの新型軽オフローダーのデビューは、2022年前半と予想されている。

25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top