BMW X3 改良新型に最強「M」発表!最大510馬力、最高速度は285km/h | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW X3 改良新型に最強「M」発表!最大510馬力、最高速度は285km/h

自動車 ニューモデル
BMWは6月9日、改良新型『X3M』を欧州で発表した。『X3』シリーズの頂点に立つ高性能グレードのX3Mが、2019年2月の発表からおよそ2年半を経て、初の本格改良を受けている。

◆大幅に変更されたフロントマスク

改良新型では、新デザインのバンパーとグリルによって、フロントマスクを大幅に変更した。キドニーグリルは大型化。ベース車両のX3と同じく、キドニーグリルはワンピースのフレームで囲まれ、ヘッドライトも約10mmフラットになった。キドニーグリルのフレームは、Mダブルキドニーバーと同様、グロスブラック仕上げとなる。グリル内には、X3Mのロゴが添えられた。

改良新型には、マトリックス機能を備えた「アダプティブLEDヘッドライト」を標準装備する。オプションで最大650m前方を照射できる「BMWレーザーライト」が選択できるようになった。

M専用のフロントバンパーは、垂直に配置された細長いサイドエアインテークが特長だ。このエアインテークはL字型デザイン。一方、バンパー中央のエアインテークは六角形デザインとした。細いステーで支えられたMエクステリアミラーも装備されている。

◆デザインが一新されたフルLEDテールライト

リアは、ベース車両のX3と同様、フルLEDテールライトのデザインが一新された。テールランプ周りはブラックで、赤く光る部分はスリムな形状とした。リアバンパーの下側はM専用に、グロスブラックで仕上げられた。大型ディフューザーの左右には、ブラッククローム仕上げのMスポーツエキゾーストシステムのテールパイプが配置される。ボディカラーは、MカーボンブラックメタリックとMブルックリングレイメタリックに加えて、専用のMマリーナベイブルーメタリックとMサンパウロイエローが設定された。さらに、マット仕上げのフローズンマリーナベイブルーメタリックなど、BMWインディビジュアルのボディカラーも選択できる。

改良新型のインテリアには、電動調整式ヘッドレストと照明付きMロゴを備えたMスポーツシートを標準装備する。4色の組み合わせのメリノレザーに加えて、タルトゥフォのBMWインディビジュアルのメリノレザーもオプションで用意した。

トリムパネルはダークロンビクルアルミニウムが標準で、オープンポアアッシュはオプション。空調のエアダクトには、亜鉛メッキトリムがあしらわれる。マルチファンクションのMレザーステアリングホイールは、BMWMカラーのコントラストステッチと下側のオープンスポークデザインが特長だ。

◆0~100km/h加速は4.1秒から3.8秒に短縮

改良新型のラインナップは、「コンペティション」仕様のみとなる。BMW M社が開発した3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。このエンジンは、シリンダーヘッドのヘッドコアの成形型に、3Dプリント技術を導入し、従来の金属加工技術では困難だった複雑な形状成形を可能にした。さらなる軽量化を実現するとともに、クーラントダクトを自由に配置することができるようになり、より効率的な温度管理が可能になったという。

また、燃料をエンジンの燃焼室に吹き込む高圧フューエルインジェクションの噴出圧力を、350バールと高めにした。これにより、空気と燃料の混合効率が向上し、燃焼効率が改善している。圧力損失を最小限にするよう設計された吸気ダクトや、2基のターボチャージャーなどを組み合わせることにより、最大出力は510hp/6250rpmを獲得する。

最大トルクは従来の61.2kgm/2600~5950rpmから、66.3kgm/2750~5500rpmへ、5.1kgm引き上げられた。トランスミッションは8速ステップトロニックで、駆動方式は4WDの「xDrive」。動力性能は、0~100km/h加速が3.8秒と、従来の4.1秒から0.3秒短縮した。最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションの「Mドライバーズパッケージ」では、リミッターの設定が変更され、最高速は285km/hに到達する。

BMW X3 に改良新型に頂点「M」、510馬力ツインターボの「コンペティション」のみに…欧州発表

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top