ブランド初の電動SUV『ポールスター3』を予告!ボルボ「XC 90」次期型と同時生産か | Spyder7(スパイダーセブン)

ブランド初の電動SUV『ポールスター3』を予告!ボルボ「XC 90」次期型と同時生産か

自動車 新車スクープ
ポールスター 3 ティザーイメージ
  • ポールスター 3 ティザーイメージ
  • ポールスター Preceptコンセプト
  • ポールスター Preceptコンセプト
  • ポールスター Preceptコンセプト
  • ポールスター Preceptコンセプト
  • ポールスター Preceptコンセプト
  • ポールスター Preceptコンセプト
  • ポールスター Preceptコンセプト
ボルボが展開する高性能モデルに特化したブランド「ポールスター」は、新型の電動クロスオーバーSUV『Polestar 3』(ポールスター3)を開発していることを発表、そのティザーイメージを初公開した。

ポールスターは2009年からコンセプトモデルを展開しているが、市販モデルとしては2017年のプラグインハイブリッドクーペ「ポールスター1」が第一弾となっている。第二弾では初のフルエレクトリック・スポーツセダン「ポールスター 2」を投入。そして市販車第3弾となるのが、ブランド初となるEVクロスオーバーSUV「ポールスター 3」だ。

中国でのみ製造されている同ブランドの既存モデルと異なり、ポールスター 3は米サウスカロライナ州、リッジビルにあるボルボの工場で生産され、2018年から生産されているボルボ「S60」とともに生産、2022年からは次世代「XC90」も生産される。

新型モデルの詳細は不明だが、ボルボと共有する次世代EVプラットフォームを採用、空力駆動設計と高度な自動運転システムを備えるとみられる。またテクノロジーでは、インフォテイメントにグーグルの「AndroidAutomotive」オペーティングシステムを採用する。

同社デザイン部門は、ポールスター 3が「空力SUV」になると断言。その新しいデザインの方向性は、2020年2月に公開された「Preceptコンセプト」によってプレビューされている。コンセプトでは、ボルボの「トールハンマー」DRLの進化バージョンを搭載、一般的な箱型とは一線を画している。

ポールスター 3の発売生産時期は不明だが、モデルがワールドプレミアされるのはそう遠くないかもしれない。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top