ポルシェ初量産EVセダン『タイカン』、新たな派生モデルは「GTS」、または「スポーツツーリスモ」が有力! | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ初量産EVセダン『タイカン』、新たな派生モデルは「GTS」、または「スポーツツーリスモ」が有力!

自動車 新車スクープ
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ  開発車両 スクープ写真
ポルシェは2019年、同社初の量産EVサルーン『タイカン』を発表、その後は後輪駆動のベースグレードや派生モデルとなる「クロスツーリスモ」を設定しているが、さらなる派生モデルを検討していることがわかった。

2020年11月には、イエローからブラックに変わったブレーキキャリパー、異なるサイドスカートとリップスポイラーを装着した、謎の「タイカン クロスツーリスモ」プロトタイプをスクープ、「スポーツツーリスモ」の可能性を指摘したが、現実味を帯びてきたと言えそうだ。

今回新たに入手した派生モデル情報は「GTS」トリムだ。現在ベースモデル、「4S」、「ターボ」、「ターボS」だが、その頂点に君臨する可能性がある。グランツーリスモスポーツの略であるGTSは、多くの場合よりトラック思考のバリエーションであり、軽量化、ハンドリングパフォーマンスを向上させることに重点を置くことになり、タイカンも例外ではないだろう。

一方スポーツツーリスモの場合、サスペンションを低く、クラッディングを少なくするなどGTSに比べより簡単な準備で済むはずだ。さらに、クーペやコンバーチブルも検討しているという情報もあり、タイカンの進化は止まりそうもうない。

発表タイムラインはないが、クロスツーリスモに続く派生第3弾は、2022年に発表されることが適切といえるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top