ジープ ラングラーの最強モデル『ルビコン』、2ドアソフトトップの限定車登場! | Spyder7(スパイダーセブン)

ジープ ラングラーの最強モデル『ルビコン』、2ドアソフトトップの限定車登場!

自動車 ニューモデル
ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
  • ラングラー ルビコン ソフトトップ
FCAジャパンは、ジープ『ラングラー ルビコン』に2ドアソフトトップ仕様の限定車「ラングラー ルビコン ソフトトップ」(Jeep Wrangler Rubicon Soft Top)を設定し、7月24日より100台限定で販売する。価格は622万円。

ルビコンは、高いオフロード性能を誇るラングラーの中でも、悪路で極低速走行を可能とするローレンジギアや専用の4×4システムおよびスタビライザー解除機能など、走破性を強化したハードコアモデルだ。ルビコンはこれまで4ドア仕様の「アンリミテッド」のみのラインアップだったが、今回、2ドア仕様の限定車を設定。ショートホイールベースボディゆえ、取り回し性に優れ、かつ悪路で路面と車体下回りの干渉リスクが軽減されることから、オフロード最強の仕様となる。

さらに限定車は、ルーフを気軽にオープンにできるプレミアムサンライダーソフトトップを採用する。この手動式ソフトトップは1人で開閉可能。頭上だけを開いたりフルオープンにしたり、気分に応じてルーフの開閉スタイルを自由に選択できる。

ボディカラーには、通常は設定されてないサージグリーンC/Cを採用。さらにジープの起源を示す「1941」ロゴ入りボディサイドストライプを特別装備し、ミリタリーテイスト溢れる外観に仕上げている。

なお、装備は4ドア仕様のルビコンに準じており、ヒーテッドステアリングホイール、レザーシート、フロントシートヒーター、8.4インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム(Uconnect)、サブウーハー付アルパイン製プレミアムスピーカーなど、質感の高いインテリアに仕上がっている。

ジープ ラングラーの最強モデル『ルビコン』、2ドアソフトトップの限定車登場

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top