BMW 2シリーズクーペ新型、早くもコンバーチブルを発表準備!? エクステリアを大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 2シリーズクーペ新型、早くもコンバーチブルを発表準備!? エクステリアを大予想

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズカブリオレ 予想CG
  • BMW 2シリーズカブリオレ 予想CG
  • BMW 2シリーズ クーペ
  • BMW 2シリーズ クーペ
  • BMW 2シリーズ クーペ
  • BMW 2シリーズ クーペ
  • BMW 2シリーズ クーペ
  • BMW 2シリーズ クーペ
  • BMW 2シリーズ クーペ
BMWは7月に入り、コンパクト2ドアスポーツ『2シリーズ クーペ』新型を発表したが、その派生オープンモデルとなる「2シリーズ コンバーチブル」を大予想した。

2シリーズクーペ新型は、「4シリーズ」のようなメガキドニーグリルは採用されず、往来型のグリルを装着しているほか、お椀型のLEDデイタイムランニングライトを備える新設計のスイープバックヘッドライトと、角度のあるコーナーエアインテークを持つなど、同ブランドの他モデルとは一線を画したデザインを特徴としている。

また後部ドアのある他のすべての2シリーズファミリーのように前輪駆動(FF)に移行するのではなく、後輪駆動(FR)レイアウトが採用されるほか、Mスポーツは全輪駆動「xDrive」と組み合わされます。

お馴染みX-Tomi Design社から協力を得たコンバーチブル予想CGは、「M240i」プレス写真と同じファンキーなパープルカラーで塗装、ルーフは「E88型」1シリーズカブリオレ時代から継承する電動開閉式ソフトトップを備えた、4シーターレイアウトが予想される。現段階では確定していないが、今年11月に予定されているクーペの発売から1年以内に発売される可能性もあるだろう。

エントリーモデルとなる「220iクーペ」では、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンの最新バージョンを搭載、最高出力は184ps、最大トルク300Nmを発揮、8速ステップトロニックトランスミッションと組み合わされ、0-100km/h加速は7.5秒で駆け抜ける。また上位モデル「M240ixDrive」では、最高出力374ps、最大トルク500Nmを発揮、0-100km/h加速は4.3秒のパフォーマンスを持つ。

カブリオレではMスポーツのみ設定される可能性があるという。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top