ランボルギーニの新型モデルを今夏発表へ!技術革新と持続可能性 | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニの新型モデルを今夏発表へ!技術革新と持続可能性

自動車 ニューモデル
ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター(参考)
ランボルギーニ(Lamborghini)は7月16日、新型車を今夏、初公開すると発表した。

この新型車は、『アヴェンタドールLP 780-4 Ultimae』に続く1台になる。アヴェンタドールLP 780-4 Ultimaeは、2023年から電動化される次世代のランボルギーニを見据えて、自然吸気のランボルギーニV12エンジン搭載の最終モデルとなり、今夏発売される予定だ。

ランボルギーニはここ数年、8月に米国で開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、新型車を発表してきた。2016年は『センテナリオ ロードスター』、2018年は『アヴェンタドールSVJ』、2019年は『アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター』を初公開している。ランボルギーニが今夏初公開する予定の新型車は、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスが舞台となる可能性もある。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「2024年までに電動化を含めて、15億ユーロ以上を投資する新しい戦略的計画が好意的に評価されている。ランボルギーニは現在、技術革新と持続可能性に向けて、大きな変革期にある」と述べている。

ランボルギーニの新型車、今夏発表予定…技術革新と持続可能性

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top