メルセデスベンツCクラス新型、ハードワゴンセグメント参入へ..『オールテレーン』市販型をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツCクラス新型、ハードワゴンセグメント参入へ..『オールテレーン』市販型をスクープ!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス オールテレーン 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
欧州車を中心に一定の地位を確立しつつあるのが、ステーションワゴンをベースにSUV要素を加えたクロスオーバーモデルだ。メルセデスベンツは『Eクラス オールテレーン』でこのカテゴリーに参戦しているが、ついに主力モデル『Cクラス』にもオールテレーンが登場する。その姿をカメラが捉えた。

同ブランドでは、Cクラスに「セダン」と「ステーションワゴン」新型(W206)をラインアップしているが、高性能モデルのAMGやカブリオレ、クーペも予想されている。オールテレーンを追加することでラインアップをさらに充実させる構えだ。

オールテレーンが最初に設定されたのは、2016年のEクラス(W213)で、2020年にはフルモデルチェンジが執行されている。Cクラスでも兄貴分のような冒険的エステートスタイルが期待できるだろう。


捉えたプロトタイプは、厳重なカモフラージュによりディテールが隠されている。しかし、リフトアップされたボディ、岩片や破片からボディを保護するプラスティックトリム、ホイールアーチ、サイドシル、バンパーを装備、後部バンパーにはプラスティッククラッディングも見られる。

Eクラス オールテレーンでは、ステーションワゴンより29mm(1.14インチ)高く、リフトアップされたエアボディコントロールアクティブサスペンションにより、最大地上高は156mm(6.14インチ)となっており、Cクラスでも同レベルの変更が予想される。

キャビン内は、Cクラスステーションワゴンと共通のデジタルインストルメントクラスタや、10.25インチ、または12.3インチのインフォテイメントディスプレイを搭載するはずだ。

パワートレインの詳細は不明だが、ガソリン、ディーゼルの直列4気筒、マイルドハイブリッドをラインアップ、9G-Tronicオートマチックギアボックスと組み合わされ、「4MATIC」全輪駆動システムが標準装備されることが濃厚だ。

Cクラス オールテレーンのワールドプレミアは2022年内とみられ、市場ではアウディ『A4オールロード』や、ボルボ『V60クロスカントリー』などと競合することになる。

Eクラスに続け!メルセデスベンツ Cクラス についに「オールテレーン」登場へ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top