5連LEDが光った...世界のフラッグシップと戦うジェネシスG90次期型、フルEVはいつ来る!? | Spyder7(スパイダーセブン)

5連LEDが光った...世界のフラッグシップと戦うジェネシスG90次期型、フルEVはいつ来る!?

自動車 新車スクープ
ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ジェネシス G90 次期型プロトタイプ スクープ写真
ヒュンダイ傘下のハイブランド「ジェネシス」のフラッグシップ4ドア『G90』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

初代G90は、2018年まで『EQ900』の車名で販売されていたが、2018年に登場した現行モデルからG90の名称が与えられている。ライバルはレクサス「LS」、メルセデスベンツ「Sクラス」、そしてBMW「7シリーズ」など世界のフラッグシップセダンとなっている。

6月に入って捉えた2度目のプロトタイプは、主要な競合他社モデルの本拠地で再びキャッチされた。だが足回りにY字型の複雑なデザインの合金ホイールを装着、フロントエンドには2層に別れた5連LEDが初めて点灯、特徴的な「Two Lines」デザインが用いられる。サイドビューでは、Cピラーの後ろに小さな固定ウィンドウを装備しており、次世代型のホイールベースが延長される可能性がありそうだ。またリアエンドでは、スプリットLEDテールライトの一部、角を持つデュアルエキゾーストシステムなど、最終市販コンポーネントがついに装着された。

パワートレインの最新情報も入ってきた。5.0リットルV型8気筒ツインター自然吸気ツインターボエンジンは廃止され、3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンが最も強力なパワートレインなる。最高出力は380hp、最大トルク530Nmが期待できるという。ただし、ライバルであるアウディ、メルセデスベンツ、BMWはV型8気筒をラインアップしており、物足りなさも感じるため、より強力なモデル計画がある可能性もあるほか、フルエレクトリックモデルも期待されている。

G90は2021年後半までに発売が予定されているため、7月、8月あたりにはカモフラージュが大きく外される可能性もある。またフルEVは2022年内と予想されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top